花いけだより

決勝大会 惜敗の第4位は長野代表!

長野大会からの勢いをそのまま維持して香川入りした長野県南安曇農業高等学校「Vivace」西條・井口ペア。

緩急のある男女ペアは、初日の予選ラウンドを2位で通過し、まずは順調な滑り出し。

 

 

準決勝の対戦相手は今大会で準優勝した田園調布雙葉高等学校「Marguerite」。軽やかに、やさしく、やわらかく花をいける「Marguerite」に対し、スピードに乗ってアクレッシブに花をいける「Vivace」の二人。

作品へのアプローチが異なる両チームが、対照的な作品をいけあげました。

 

 

準決勝の結果は「Marguerite」の勝利…。

 

 

勝つことにこだわる。

これは高校生花いけバトルにとって、とても大切なことです。

勝とうと思うからこそ、本気になって花と向き合い、奮闘することができるのだと思います。

 

 

溢れ出る涙はなかなか止まらない。

けれども、準決勝で敗れた「Vivace」は直後の3位決定戦に再登場しなければならない。

立ち上がれない井口に、共に戦った他のチームから「頑張って」と声を掛けられ、彼女の背中をそっと後押し…。

西條・井口ペアにとって、3位決定戦は気持ちの切り替えができないまま、ゴングが鳴り、そしてはじまりました。

 

 

高校生花いけバトルは、勝ちたいと思う気持ち以上に、花をいけたいと思う気持ちを大切にしています。

この時の西條・井口ペアは、花をいけたいと思う気持ちよりも、もしかしたら悔しい思いでいっぱいだったかもしれません。

 

時に、こういう花いけもあるのです。

 

悔しい思いでいけた花のことを、西條・井口ペア二人はこれから先、きっと忘れることはないでしょう。

この時の思いは、そっと心の中に仕舞い、やがてそれを力に変え、糧にしてほしい…

惜敗した「 Vivace 」の姿を見て、そう願わずにはいられない3位決定戦でした。

 

長野県南安曇農業高等学校「 Vivace 」西條凌太・井口あずさのお二人には、その健闘を讃え、花の国日本協議会賞が授与されました。