全国高校生 花いけバトル

1 - 6

決勝大会 速報 ☆ 準優勝は広島代表!! 

第二回全国高校生花いけバトル 栗林公園杯 二〇一八、

準優勝は広島県立福山誠之館高等学校 チーム「みなづき」 先鋒 三島千采、次鋒 高橋愛ペア。

 

高校生花いけバトルの決勝戦に相応しい最後の熱戦を繰り広げた三島高橋ペアは、全力で花と向き合い、ステージを全速力で駆け回り、彼女たち自身が目指す花いけを全身で表現し、堂々と披露してくれました。

 

時に、他の誰かとは異なる変則的なアプローチを試み…

時に、際どいバランスの枝づかいを勇猛果敢に試みる姿は、とても晴れやかで気持ちのよいものがありました。

 

昨年の第一回大会の地区大会では惜しくもあと一歩及ばず決勝大会に進むことができなかった三島高橋ペアでしたが、今年はその悔しさをすべてのエネルギーに変え、広島大会で優勝。

そして、決勝大会では初日の予選ラウンドから快進撃を続け、勢いは一歩も衰えることなく決勝戦へ。

 

結果は…

先鋒 221 対 238 、次鋒 213 対 231…

合計得点 434 対 469 で勝負には敗れましたが、その積極的な姿勢と、花をいけることを心底楽しんだ二人の姿に、観客からは惜しみない拍手が贈られました。

 

第二回全国高校生花いけバトル 栗林公園杯 二〇一八。

見事、準優勝に輝いたのは広島県立福山誠之館高等学校 チーム「みなづき」 三島高橋ペア!

おめでとうございました!!

 

三島高橋ペアがいけた花は、

儚くも美しい瞬間をつくりだし、

私たちの心を震わせました。

感動をありがとう!!