全国高校生 花いけバトル

1 - 7

大会速報!「九州大会」

第二回全国高校生花いけバトルはすでに5つの地区大会を各地で開催し、折り返しての後半戦がはじまりました。

 

朝からよく晴れ渡った夏空の下、福岡の商業施設イムズ(天神)で「九州大会」が開催されました!

 

開催地である福岡県のほか、佐賀県、長崎県、熊本県と九州各地から集った高校生花いけバトラーは14校より48名。

参加チーム数の上限である24チームのエントリーがあり、誰もが花をいけることを楽しみながら、熱心に花と器に向き合うことができました。

 

福岡県産の枝もの、花ものが数多く取り揃えられるなか、見事な枝ぶりの花材を出場者の多くが次から次へと積極的にいけていく予選ラウンド。

 

5分間という限られた時間の中、はじめて手にするような大きな枝にチャレンジしようとする高校生花いけバトラーの姿がそこにはありました。

 

<予選上位4チームの結果>

1位 福岡舞鶴高等学校 チーム「ルルあんと」 147点

2位 熊本県立熊本工業高等学校 チーム「ジラソーレ」 137点

3位 龍桜高等学校 チーム「姫桜」 133点

4位 佐賀県立唐津南高等学校 チーム「リトルウッズ」 131点

 

予選上位4チームによる決勝トーナメント。

まずは準決勝第1ラウンド、予選1位の「ルルあんと」vs 予選4位の「リトルウッズ」。

予選では2位以下を10点ほどリードしていた「ルルあんと」が優勢かと思われたが、ここで気を吐いたのが「リトルウッズ」。

思い切りよく花をいけながら、終始丁寧なパフォーマンスが好印象のリトルウッズが勝利。

 

準決勝第2ラウンドも接戦の展開。

予選2位の「ジラソーレ」 vs 予選3位の「姫桜」。1年生男女ペアのジラソーレが個人作品ながら2人の息をしっかり合わせ、一体感のある作品を仕上げ勝利。

 

決勝戦は「リトルウッズ」 vs 「ジラソーレ」。

両チームがステージの上で堂々と花をいけ、それぞれの持ち味を活かした作品を制作。

そして決勝戦を制したのは…

 

昨年の悔しさを力に変え、今回の大会に挑んだ佐賀県立唐津南高等学校 チーム「リトルウッズ」 先鋒 山﨑汐莉、次鋒 小旗唯ペア!!

優勝おめでとうございました!

 

準優勝は熊本県立熊本工業高等学校 チーム「ジラソーレ」 先鋒 宮内かれん、次鋒 樽田託三ペアでした!

 

花をいける時間はわずかに5分間。

短い時間だけれども、誰もがその5分間に集中し、一生懸命にがむしゃらに花をいけることを考え、取り組むことができた掛け替えのない時間でした。

 

ご来場いただいた皆様、本日はありがとうございました。